オイル系や拭い取るタイプなど数々のものを試してきましたが

私の場合、ニキビがひどくなってきた場合には、石鹸を用いてピーリングを行うようにしています。

初めてピーリングを行った時は、肌にヒリヒリとした感じがありました。

そのため、なんだか怖くなってすぐに止めたのですが、肌が正常に戻ってみたら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、キレイにニキビが改善できました。

それ以降、ニキビができてしまうとピーリングで治しています。

肌トラブルとニキビが関係していることも事実です。

ニキビはホルモンバランスの低下が主な原因なので、思春期に生じやすいです。

しかし、思春期をすぎてもできる可能性があり、大人ニキビとか吹き出物と呼称されています。

この大人ニキビの一因が肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。

ニキビそのものは、10代までしか使わない言葉で、20代以上になるとニキビと言ってはいけないなんて言う人もいます。

ちょっと前に、何年ぶりかで鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「ニキビができちゃった」というと、笑いながら、「もうニキビじゃないでしょ?」と、からかわれました。

ニキビと食事内容は密接に関連しています。

食生活を健全にすることはニキビのケアにもなります。

食生活は野菜中心のメニューに変えて、なるべくビタミンやミネラルを取りこむようにしましょう。

野菜に多く含まれる食物繊維は、便秘を解消する点からも、ニキビの症状を緩和させます。

私のニキビケア方法は、いくら眠くてもメイクは確実に洗い落として寝ることです。

メイクアップすることにより、お肌への影響が大きいと思うので、お肌を一休みさせてあげたいのです。

メイク落としにもこだわっています。

オイル系や拭い取るタイプなど数々のものを試してきましたが、ミルク系の化粧落としがお肌に優しいと思いました。

一般的に生理が近付いてくるとニキビができる女性は多いと思われます。

ニキビができる理由として、女性ホルモンのバランスが崩れ、肌が敏感になってしまうのと、生理の時期が来るとどうしても甘いお菓子などが食べたくなったりするので、ニキビが出てしまうことが多くなるのでしょう。

ヨーグルトはニキビにとっては良くないとのように言われたり、逆に良いとされますが、こういった情報の真偽とは決して定かではありません。

実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、常日頃からバランスのとれた食事を心がけるようにすれば、ニキビ予防になると考えています。

ニキビを見つけると潰すのが常のようです。

潰すと跡が残るからだめだ、というのが定論です。

極力早く治すには、ニキビのための薬が一番効能があるかと思います。

ニキビ跡にも効きます。

洗顔後に化粧水・乳液で肌をケアして、ニキビ箇所だけに薬を塗るようになさってください。

皮脂腺の炎症を予防するために、朝食で、果物を摂取するようにしています。

その時期の旬のフルーツをどんなことがあっても食べています。

果物を食べるようになってから、肌を褒められる機会が多くなり、生理前でも、最近は吹き出物が発生しなくなりました。

便秘が治ったのも、吹き出物が発生しなくなった一つと推測できるかもしれません。

ニキビというのは再発しやすい肌のトラブルとなっています。

キレイに治ったからといって暴飲暴食などの不摂生をしていると、また繰り返しニキビができてしまいます。

ニキビの再発を予防するには、お肌を清潔に保つようにし、不摂生な食事をせず、睡眠をしっかりと取る事が大切なこととなります。

あわせて読むとおすすめ>>>>>リプロスキンの口コミ、ニキビ跡に効く?